保障内容人気ランキング保障型とは支払い方法

学資保険の保障内容は?


学資保険と一概に言われても、どのようなタイプを選んだらいいのか、迷ってしまいますよね。
それぞれカバーできる保障内容も違うので、何を求めるか、ということで選ぶべきものも変わってきます。
では、それぞれの保障内容の違いをまとめてみましょう。
最近では、学資保険とこども保険の違いが曖昧になっていますが、学資保険とこども保険のメリット、デメリットを比較して子供に必要な保障内容、返戻率を確認することが大事です。

①祝い一時金と満期保険金の付く貯蓄型タイプ
一般的な貯蓄型の学資保険は、このタイプです。
入園・入学などのまとまった出費がある時期に、祝い金として一時金が支給され、
満期になったら、満期金がおりる、というもので、大学入学時に祝い金を、大学卒業時に満期金を受け取るタイプを選ぶ人が多いようです。
他にも、幼稚園から大学まで入るときにそのつど、祝い金が出るという商品もあります。
もちろん、支給される総額は前述のものよりも少なくなりますが、入学時はなにかと物入りになりますので、助かりますね。
また、祝い金は受け取らずに据え置きにしておけば、利子もつきますので満期金に上乗せされるメリットがあります。

②満期保険金だけを受け取る貯蓄優先タイプ
祝い金はいらないから、とにかく戻ってくる金額が多いほうがいい、というときはこのタイプがおススメです。
利率も一番高く、払った分以上に満期金が支払われます。

③育英金をつけて万一に備える保障タイプ
契約者である親が事故や病気で死亡、または重度障害になって働けなくなってしまった場合に、残された子供のために育英金が満期まで支払われます。
こちらも、育英金以外に祝い一時金が出るものもありますが、いずれにしても保障が手厚いため、元本割れになります。

④子供の医療保障を充実させた保障タイプ
被保険者である子供が、怪我をしたり病気になってしまったときの補償が充実しています。
入院給付金、長期入院給付金、手術給付金、通院給付金等が支給されます。
最近では、自分の子供がよその子供に怪我をさせてしまった、物を壊した、などという場合の賠償金額を保障する、というものもあり、選択肢はさまざまですが、目的にあったプランを選びたいですね。

ソニー生命、フコク生命等保険会社・郵貯・銀行の学資保険の特徴を徹底比較するサイトを活用してみてください。

学資保険の支払いはクレジットカードがお得ですので、カードが利用できる学資保険を選ぶようにしましょう。

また学資保険以外にも資産運用する方法はあります。
株初心者でもネットで口座を開設でき、勉強すれば株取引で資産を増やすことも出来る株式投資をオススメします。