保障内容人気ランキング保障型とは支払い方法

学資保険に付帯した方がいい特約とは


保険には、主契約となるものに合わせて様々な特約が付いています。
学資保険にしても本当にいろいろな特約があるんですよね。
加入の際には、どれを付けたらよいか頭を抱えて悩んでしまうほどです。

そうした時に、口のうまい営業マンに勧められたりすると、うっかりと余計に特約を付けたりすること、ありますよね。
当然のことながら、特約を付ければ付けるほど、保険料は上がっていきます。
当たり前のことなんですが、これが、かわいい我が子の将来を天秤にかけられると、ついつい「お金よりも、一大事のことを…」と付けてしまいたくなってしまうのが
親心というものです。
とはいうものの、本当のところは、この特約の幾つかは使われないことが多いものだともいわれているんですよ。

もちろん、保険は“万一のこと”を考えたほうがいいに決まっています。
でも、それを言い始めたらすべての特約が必要になってしまいます。
他の保険でも十分にカバーできているものもあるので、はっきり言って無駄です。
後になってこれら特約の支払いが負担になり、真剣に解約を考える方も少なくありませんから、ここは冷静に検討しましょう。

さて、そんなたくさんの特約のなかでも、必要なものは何でしょう。
お子様にとっては、ケガや病気による入院が将来でもっとも考えられるリスクではありませんか?
だからこそ、先進医療特約は必要だと思うのです。
治療の中でも、先進医療を受けられるか受けられないかではお子様の治りも変わってくるからです。
特約料が安く負担にならず、効果が高いのも魅力ですよね。

また、子供のうちは、どんな病気やケガでも入院よりも通院治療のほうが多いですから、通院治療特約も利用度が高いと考えられます。
これとは別に、学資保険で人気の“かんぽ”の疾病傷害入院特約なども、病気やケガでの入院費用、手術費、通院費や療養費まで補償してくれるなど利用度が高いです。
なんと、傷害入院特約と疾病入院特約とを組み合わせたものなので、二つ分を得たお得な特約だともいえます。
急な入院や手術は、家計にも負担がかかるものです。
そのリスクを回避するためにも、これらの特約は安全を守ってくれそうです。
こちらに学資保険と子供保険のちがいについてかかれています。良かったらご覧ください。