保障内容人気ランキング保障型とは支払い方法

学資保険は定期的に見直しが必要


あらかじめ学資保険の目的をご家族の中でハッキリさせておけば、基本的に見直しは必要ありません。
学資保険は、大きく分けると“貯蓄型”と“保障型”の2つの用途があります。

貯蓄型は、大学進学など将来の学資費用に備えて積み立てるもので、そもそもこの保険の根本的な目的を為すものです。
しかし、お子様の進学はまだまだ先の話ですから、その間に何が起こるかは誰にも想像できませんよね。
そこで、仮に親の身に何かあってもお子様が無事に進学できるよう手を打っておくのが保障型の保険なのです。
この保障型の保険は、たとえば生命保険など別の保険で充分補える場合もありますから、ご家族で話し合い、“入っておくか、外すか”をはじめに決めておくことが大切です。
そうすれば、あとは目的に沿って積み立ていくだけですから、基本的には見直す必要もないわけです。

ところが、最初にこうした判断をしていなかったり、あとで想像以上の負担だと気付いたりする方も実際は大勢いらっしゃるんですね。
確かに、お子様が大きくなるにしたがって、塾や習い事など養育費はかさんできます。
すると、学資保険の保険料が重い負担に感じられてしまうんですよね。
こういう場合には、もう一度、自分たちの保険内容をしっかり見直す必要があるのです。

たとえば、もし親に何かあっても給付金が受け取れる育英年金も、ご両親が加入されている死亡保険と重複する場合がありますから、こうしたところを切り詰めていけばよいわけです。
もう一度言及しますが、学資保険の基本的な目的はお子様の将来の学資を担保することです。
保障を付ければ付けるほど、貯蓄性は下がるわけですから、根本の目的に立ち返って貯蓄に絞るのか、他の保険とは別に学資保険の保障を活用するのか、
もう一度しっかりと見直すべきです。

こうした時こそ、ファイナンシャルプランナーなどに相談するのも大切です。
お子様の将来も大事ですが、今こうしている間にも育っている子供の教育や養育にかけるお金も大切です。
途中で、契約内容を変えるのは、何も悪いことではありませんので、躊躇せずに相談してみましょう。
そうすることで、お得に学資保険を利用することができるようになります。