保障内容人気ランキング保障型とは支払い方法

保障型の学資保険とは


学資保険(子供保健)は、子供の教育費用を確保するための貯蓄と、子供がある程度の年齢に達するまでの保障の両方の機能を持っています。
保障型の学資保険は、その保障内容を充実させたタイプになります。
子供の年齢や入学時期に合わせて受け取れる祝い金や満期保険金と、
保険契約者である親や被保険者である子供に万一のことがあった場合の保障特約がついています。
特約内容は、各保険会社の保険商品によって異なりますが、一般的には、
親が死亡もしくは保険会社の定める重度障害になった場合には保険金が支給されます。
またそれ以降の保険料が免除され、子供には、祝い金や保険金、
さらに育英年金が満期まで支払われるものもあります。

また、子供が怪我や病気で入院や通院した場合や、死亡した時にも保険金を受け取れるというものも。
一家の大黒柱である親、特に父親が死亡した場合など、その後の子供の教育費用を捻出するのは大変なことですので、
育英年金があれば心強いですし、また、子供が小さいうちは、怪我や病気などの危険性も高いので、
このような保障特約をつけておけば安心ですね。
けれども、貯蓄と保障が両輪で揃う保障型学資保険は、いいことづくめのように思えますが、問題点もあります。
保障が充実している分、貯蓄面では元本割れを起こしてしまうこともあるのです。
保障型学資保険は、手厚い保障をつければつけるだけ、貯蓄に回される分が減ってしまうので、
一時金や満期保険金の総額よりも、掛け金として支払った額のほうが少ないという結果になることもあります。
学資保険のメリットはこちらをご覧ください。

そもそも、特約がついているということは保険料も高く設定されているわけですから、その負担も大きくなります。
また、死亡や入院保障については、他に加入している保険商品がある場合、その保障内容とだぶってしまう部分もあり、その分無駄な保険料を支払うことになってしまいます。
何が必要で何をけずるべきか、最適な保障内容を選ぶために、よく比較検討することが必要です。
学資保険の必要性もあらかじめ確認しておきましょう。