保障内容人気ランキング保障型とは支払い方法

学資保険が失効するとどうなる


保険料の支払いが何らかの理由でストップしてしまった場合、保険契約が失効してしまう場合があります。
よくあるのが、引っ越しをした際に郵便局での転居手続きをしなかったために請求書が届かず、そのまま振込での支払いを忘れてしまった。
あるいは、転職により給与の振込口座が変更されたため、気付かぬうちに預金がなくなっていた…などのケースです。
失効してしまうと、途中解約の扱いになってしまい、支払った一部しか戻らなくなってしまいます。
自分のものならともかく、可愛い我が子の将来のためにコツコツ支払ってきたものが、こんなうっかりミスでパーになってしまっては、泣くにも泣けないですよね。

そこで学資保険には、仮に失効してしまっても、3年以内であれば契約を復活できる手立てが設けられています。
保険会社に連絡をし、復活の手続きを取るのです。
手続きは、復活のための書類を提出し、保険会社から承諾されたら、遅滞した保険料を払い込むという段取りです。
これで、契約自体は復活です。

しかし気を付けなければならないのは、復活の手続きは、保険会社では契約のしなおしに近い手順を踏むということ。
あらためて契約者の審査が行われるため、それが最初の契約時の健康状態ではなく、再契約時の健康状態が対象にされた場合、その間に重い病気や手術などを行っていると
適用外となり復活できない可能性があるんですね。
ですから、出来る限り失効しないよう、支払いに関しては十分に注意を払わなければなりません。

支払いに関しては、もし、その月の分が滞っても、翌月の末までに支払えばいいという猶予期間も設けられています。
さらに、解約返戻金の範囲内であれば、滞った支払額を自動的に保険会社が立て替える自動振替貸付制度も導入されてもいます。
支払いの滞りなどで保険が失効しないよう、念のためのセーフティーネットも用意されているのです。
それだとしても、我が子の未来がかかっている責任の重さを肝に銘じて、契約者は、気を付けなければいけませんよね。
こちらにかんぽやゆうちょなど各会社の学資保険の特徴が載っていますので見比べてみてはいかがでしょう。