保障内容人気ランキング保障型とは支払い方法

学資保険の支払い方法


学資保険の支払い方法は、“月払い、半年払い、年払い、一時払い”などがあり、その中から利用者が選べる方式になっています。
もっとも多くの方が利用しているのは、やはり月払いです。
保険料を月々に分けて規則的に支払えるので家計的にも支出が見えやすく、計画的にできるのが好まれているからでしょう。
それに対して、年に2回の半年払い、一年分を支払う年払い、すべての保険料を一括で支払う一時払いなど、まとめて支払う方法も、ご家庭によっては利用されているケースが
多々あります。
貯金やローンなどは、月々に計画的に支払うのが一般的なのに、保険ではまとめて支払う方式は少なくはありません。
これは、どうしてなのでしょうか?
実は、保険料の支払いは、まとめて支払ったほうが割安になることがあるからなんですね。
たとえば、ある程度の保険料を支払ったうえで換算すると、月払いと一時払いでは数万円の差額になる場合もあるのです。
もちろん、保険の内容によって異なりますが、まとめて支払うほうがおトクであることは否めません。
ただし、すべてにおいてまとめ払いが有利であるとはいえないのです。
その辺も、ご家族の状況や意思に合わせて都合すべきなのです。

まとめ払いは一度に大きな金額が引き落とされてしまいますから、その年ごとの都合を考えてコツコツ積み立てるほうが家計によいと考えるご家庭もあるでしょう。
ずっとまとめ払いでは、いつか家計の負担になります。
また、万一、不慮のことがあって支払い能力がなくなった場合、月払いはその月の支払いでストップして免除されますが、まとめ払いしてしまうとそのお金は返ってこない
ことがあります。
もちろん、こうしたケースは稀ですが、将来、何らかの理由で解約することがあった時も、同じようなケースが起こりうるのです。

始めから損得勘定で選ぶのではなく、長い将来を見据えて考えるほうが望ましいのです。
その点、学資保険は支払い方法を都度変えることができるので、お金がかかる子育ての将来を考えて柔軟に考えることが一番だと思います。

こちらに学資保険の種類と仕組みについてかかれていますので検討中の方是非ご覧ください。