保障内容人気ランキング保障型とは支払い方法

学資保険を選ぶポイントは


学資保険は、郵便局が始めた商品ですが、生活者にも広く商品価値が認められ、近年では保険会社の多くが取り扱うようになりました。
当然、保険会社によって内容も異なってくるため、利用者が自分たちに合ったものを取捨選択しなければなりません。
目先のことではなく、将来を決めることなので、これが予想以上に難しい選択になります。
内容を理解するほどに、どれもよく見えてさらに迷ってしまうことも…。
そんな時には、保険の目的を整理しながら判断を重ねていくことが大切なんですね。

学資保険は、大別すると2つに分けることができます。
それは、“貯蓄型”と“保障型”です。
学資保険に加入する最適な時期はこちらを参考にしてください。
貯蓄型は、将来の進学にかかる費用のために、お金を貯め込んでいくタイプのもの。
まさに学資保険という保険の根本的な目的にのっとったものですね。
コツコツ貯めていくことで、支払った保険料の総額を上回る学資を満期に受け取ることが可能になります。
しかし、貯蓄に特化したものなので、お子様に万一のことがあった場合の医療保障や死亡保障、加えて育英年金などが基本的にはありません。
ここが一つの別れ道です。
そういったリスクへの保障は別で補えるから大丈夫と判断できる場合は問題ないのですが、もし、“万一”にもそなえたいというのであれば、保障型を選ぶのも一つの選択肢と
なってくるのです。

保障型は、メインとなる保険に、医療保障や死亡保障、育英年金などが付加されたもの。
たとえば、仮に契約者である親が亡くなっても、育英年金の特約によって手厚く保障が受けられます。
将来のリスクを軽減させられる代わりに、安心を手にできるのです。
もちろん、保険料はその分上乗せされ、満期になって受け取る金額は支払総額を下回る可能性は高くなります。

どちらを選ぶか、前述した通り、それはご家族で相談のうえ、他の保険などの内容と見合わせて判断していく必要があるでしょう。
さて、貯蓄型か、保障型かを判断したら、ようやく各商品の比較検討に移れます。
営業マンや担当者に相談し、家族に合ったムリのない適切な保険を選びましょう。
こちらに学資保険の危険な落とし穴についてかいてあります。
そもそも本当に学資保険が必要なのか、みなさんが意外と知らないでリスクを背負ってしまわないように、一度ご覧ください。