保障内容人気ランキング保障型とは支払い方法

学資保険の控除と税金はどうなる


確定申告をされる方はよくご存知だと思いますが、生命保険や個人年金に加入して、保険料を支払った場合には、「生命保険料控除」の対象になります。
学資保険で支払う保険料も生命保険の一種とみなされ、同じく控除されます。
生命保険は「一般の生命保険」と「個人年金保険」とに分かれますが、学資保険の保険料は「一般の生命保険」の扱いとなり、年間で 支払った保険料の額で控除分が変わります。

[所得税の控除額]
(年間保険料)  (控除額)
2.5万円以下 →  全額
~ 5万円以下 →  年間保険料の1/2+1.25万円
~ 10万円以下 →  年間保険料の1/4+2.5万円
10万円超   →  5万円

[住民税の控除額]
(年間保険料)  (控除額)
1.5万円以下 → 全額
~4万円以下 → 年間払込保険料の1/2+0.75万円
~7万円以下 → 年間払込保険料の1/4+1.75万円
7万円超 → 3.5万円

さて、今度は受け取った保険金についてですが、学資保険の祝い金や満期保険金は一時所得となり、課税対象となりますが、実際に多額の税金を払わなければならない、ということはほとんどありません。
ただ、契約内容によって納めるべき税金の額も変動しますので、加入前にそちらも十分に確認しておくことは大切です。

[一時所得の計算式]
収入額-支払った保険料-特別控除額(最高50万円)=一時所得の額
仮に満期保険金が250万で保険料が200万円の場合は、250万-200万-控除50万=ゼロとなりますので、税金がかからないことがおわかりになると思います。

ただし、気をつけなければならないのは、保険契約者ではなく、子供が保険金を受け取ると課税されます。
契約者である父親が死亡した場合など、保障型の学資保険だと、保険金と祝い金の他にも育英年金などの受け取りが子供に引き継がれて、年間38万円を超えてしまうと、所得税・住民税の対象となり、さらに母親の扶養からもはずされてしまいます。

事前のシュミレーションをしっかりと行った上で契約をするのはもちろん、いざというときには、保険会社の担当者や、または税理士などによく相談することをおすすめします。
またインプラント治療は医療費控除できるみたいですので、入れ歯を変えたいという方はおすすめです。